2010年02月12日

<横浜事件>刑事補償決定が確定(毎日新聞)

 戦時下最大の言論弾圧とされる「横浜事件」で治安維持法違反に問われ有罪が確定し、再審で免訴判決を受けた元被告5人の遺族に対して、請求通り計約4700万円の刑事補償を認めた4日の横浜地裁決定が9日午前0時、5人中3人について確定した。元被告側と横浜地検の双方が期限の8日までに即時抗告しなかった。

 刑事補償法によると、元被告側の申し立てがあれば、無罪判断を示した地裁決定が官報などで公示され、1945(昭和20)年の有罪判決から65年を経て名誉回復が図られる。残る2人の遺族には決定文が郵送されており、10日以降に確定する。地裁によると、支払いの手続きに少なくとも約2週間がかかる見通し。【杉埜水脈】

【関連ニュース】
横浜事件:65年待った「答え」 遺族ら万感 実質無罪
横浜事件:実質無罪 5遺族に満額4700万円補償 地裁
横浜事件
横浜事件:実質無罪 識者の話 /神奈川
横浜事件:実質無罪 「失ったもの多い」 元被告遺族、遅い喜びに複雑 /神奈川

<名古屋ひき逃げ>車内指紋、別事件と一致 逃走男から聴取(毎日新聞)
関西に白い朝 濃霧でJR4万8000人影響(産経新聞)
<タミフル>副作用不認定 医薬品機構側が勝訴 岐阜地裁(毎日新聞)
小沢氏不起訴 3被告の起訴内容(産経新聞)
<将棋>17歳・里見が初の女流名人獲得 清水に3連勝(毎日新聞)
posted by Sophy at 20:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

競技施設は20キロ圏内 五輪招致で広島市(産経新聞)

 2020年夏季五輪の招致をめぐり広島市は11日、招致検討委の第3回会合で、競技施設を市内の20キロ圏内に集中させる基本方針を明らかにした。秋葉忠利市長は「日本オリンピック委員会(JOC)のアドバイスに従い、まずは、広島でどれだけの競技開催が可能か検討したい」と述べた。

 市は今後、会場配置や交通網整備のあり方などを検討し、詳細な開催計画を夏ごろまでに策定する予定という。

 競技施設のうち水泳会場については、大阪府が昨年12月、広島市の要請に応じてなみはやドーム(大阪府立門真スポーツセンター、門真市)を提供する意向を表明。しかし、JOCが競技施設の分散に難色を示したため、広島市は長崎市と共同ではなく単独開催に転換した。

 会合には田上富久・長崎市長も出席し、共催断念の経緯を説明した上で「『平和の祭典』という理念の部分で協力を続けたい」と話した。

【関連記事】
JOC、約10のNOCとパートナーシップ交渉
五輪招致まず2600万円 広島市6年連続プラス予算案
五輪招致活動報告書が判明 知事、61委員と交渉 深い関係築けず
くじ助成頼みは本末転倒 スポーツ予算で森会長
ロゲ会長、五輪1都市開催は「場所の単一性に価値」

郵便不正第4回公判 倉沢被告への質問詳報(産経新聞)
<雑記帳>人気の金色オブジェ「天使のうんこ」 京都に登場(毎日新聞)
「梅の使節」が亀戸に春をお届け(産経新聞)
鳩山首相、財政悪化に「ビジョンしっかり作る」 参院決算委(産経新聞)
長崎県知事選告示 大仁田元参院議員ら7人が届け出(産経新聞)
posted by Sophy at 11:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。