2010年05月31日

投与ミスで患者重体=抗がん剤、過剰に―九大別府センター(時事通信)

 九州大学病院別府先進医療センター(大分県別府市)は27日、抗がん剤を過剰に投与するミスがあり、70代の男性患者が意識不明の重体になっていると発表した。
 同センターによると、男性は食道がんの放射線化学療法を受けるため、4月12日に入院した。主治医の40代の男性外科医は参考資料を見誤り、抗がん剤を必要以上に投与する治療計画書を作成。薬剤室などのチェック機能が働かないまま、19日から約2週間にわたり計画書通りに治療が進められた。抗がん剤は2種類あり、それぞれ通常の1.5倍と2.8倍投与されていた。
 5月6日の血液検査で男性の白血球数などに異常が見つかり、投与ミスが発覚。男性は14日から意識不明の状態が続いている。 

【関連ニュース】
興和テバと日本化薬、バイオ後発薬の開発・販売で提携
最期まで執筆に意欲=3女でこまつ座社長の麻矢さん
ヨウ素から不斉合成触媒を開発=次世代抗生物質の生成に期待
日本イーライリリー、ジェムザールの効能追加
幹細胞に特徴的な分子発見=急性骨髄性白血病、根治に期待

普天間移設は「辺野古」周辺…日米共同文書発表(読売新聞)
環境面に徹底配慮=普天間代替施設―鳩山首相(時事通信)
兼業の大阪高裁事務官に停職9カ月(産経新聞)
<警察庁>日証協DBに暴力団情報提供 証券取引から排除(毎日新聞)
オーナーらに40億貸し付け=会員預託金を流用か―岡本倶楽部の不透明資金(時事通信)
posted by Sophy at 20:58| Comment(9) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。