2010年03月02日

岩沼屋

岩沼屋(いわぬまや)は、宮城県仙台市太白区の秋保温泉にある温泉旅館である。概要秋保温泉湯元地区にあり、寛永2年(1625年)創業で、同温泉では佐勘に次いで長い歴史を持つ。本館・長生館(ちょうせいかん)と新館・清涼館(せいりょうかん)、回廊で繋がれた別館・麗景館(れいけいかん)の3館とシングル洋室・翠苑(すいえん)から成る。2箇所の大浴場と露天風呂、4箇所の家族風呂の他、宴会場、会議室、エステ&マッサージ、バー、カラオケ、そば処など様々な施設を持つ。宿泊の他日帰り入浴も営業している。歴史岩沼屋の創業は、寛永2年(1625年)にすでに営業していたとの記録があることから、公称・寛永2年とされている。屋号の由来“岩沼屋”という屋号の由来には2つの説がある。1.「岩沼の在の者が始めたから」説当時、秋保温泉では湯守の佐藤家(佐勘)だけが宿屋を営業していたが、佐藤家の屋敷の一隅を借りて湯治客相手に商いをしていた岩沼町の源助(岩沼屋の祖)がこの地に旅籠を開設した。これが岩沼屋の始まりである。2.「岩沼で篤いもてなしを受けたから」説橘家は元々公家であったが秋保に所領があり奥州へ下ってきた。 今の岩沼町付近まで来たところで日が暮れ、仕方なく土地の者に一夜の宿をお願いすると、快く受け入れ、篤くもてなしてくれたという。その後秋保の所領を経営していたが、言い伝えを聞いて育った源助が、「かつて先祖が岩沼の人々に篤いもてなしを受けた。今度は、私が旅人にとっての癒しの地を作ろう。」と旅籠を開き、言い伝えに因んで岩沼屋と名付けたという。2つの説は「秋保に住んでいたが否か」で大きく分かれている。 「橘」という姓や農地解放以前には広大な地所を所有していたことなどから後者がより真実に近いと考えられる。沿革1952年 - 橘ナカを初代社長として『有限会社岩沼屋旅館』を設立。1953年 - 客室、大浴場などを増・新築し今日の基礎を作った。またこの間、日本温泉協会、日本観光旅館連盟に加盟し、日本交通公社(JTB・ジェイティービー)始め様々な旅行代理店の推薦旅館として指定を受ける。1961年1月 - 『有限会社岩沼屋ホテル』に商号改称。1965年11月 - 国際観光ホテル整備法に基づく政府登録国際観光旅館として登録旅第600号として登録される。1978年10月 - 別館・麗景館を新築。1984年10月 - 新館・

“おばあちゃんママ”亡き孫娘に涙 兵庫・三田の継母暴行(産経新聞)
<陸山会土地購入>小沢氏不起訴の方向で検討 東京地検(毎日新聞)
衆院選無効訴訟で請求棄却=比例区票の価値「平等」−東京高裁(時事通信)
競技施設は20キロ圏内 五輪招致で広島市(産経新聞)
<雑記帳>愛の「告白」は「黒白」たこ焼き食べながら 大阪(毎日新聞)
posted by Sophy at 00:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。