2010年04月17日

村木被告「(検事に)腹が立った」と涙 郵便不正公判 第17回詳報(産経新聞)

 《前回に引き続いて取り調べ担当副検事の尋問が行われた。上村被告の前任係長(48)ら当時の厚労省職員を調べた牧野善憲副検事(42)が出廷。検察官はまず、前任係長の調書について問う》

 検察官「調書に『村木被告に報告した』とあるが、前任係長は村木被告に何と言われたと話したか」

 副検事「『ちょっと大変な案件だけどよろしくお願いします』と」

 検察官「公判で違う供述をしているが」

 副検事「それぞれの立場もあるし、一緒に働いていた関係者のことなので証言はしづらいと思う」

 《弁護人が反対尋問に立ち上がる。牧野副検事は、障害者自立支援法を通すために民主党の石井一参院議員の口利きを断れない状況だった、とする調書を作成している。弁護側は当時法案はまだなかったとしており、この点を追及する》

 弁護人「当時本当に法案があったか調べたか」

 副検事「インターネットや押収証拠などで」

 弁護人「押収証拠やインターネットで、平成16年2月当時の法案に関する資料は見つかったのか」

 副検事「なかった」

 《被告人質問が始まる。村木被告はハンカチを握りしめ、証言台に座った》

 《弁護人は、村木被告が凛の会元会長の倉沢邦夫被告(74)に最初に面会したとされる16年2月下旬や倉沢被告に偽造証明書を手渡したとされる同年6月上旬について尋ねた》

 弁護人「2月下旬、倉沢被告と会ったことは」

 村木被告「記憶はない」

 弁護人「手帳や業務日誌に記載は」

 村木被告「探したが、なかった」

 弁護人「6月上旬に会った記憶は」

 村木被告「ない」

 《弁護人は村木被告の当時の手帳を示し、6月1日〜10日を確認していく。政党や省内の会議、面会予定がびっしりと書き込まれていたが、倉沢被告との面会の記載はなかった》

 《弁護人は上村被告への指示に関する質問を始めた》

 弁護人「係長が直接来ることは」

 村木被告「課長に相談に来ることはない」

 弁護人「上村被告が配属になったことは知っていたか」

 村木被告「はい」

 弁護人「話したことは」

 村木被告「一対一で話した記憶はない」

 弁護人「気にかけていたことは」

 村木被告「ある。人事案が固まったとき、人事担当者から了解を取りたいと話があった。(上村被告は)旧労働省の分野で仕事をしてメンタルで体調を崩して薬を服用している。ホームグラウンドに戻るので大丈夫と思うが、と」

 弁護人「呼び出して指示することは」

 村木被告「なかった」

 《さらに弁護人は、国会議員からの口利きへの対応を聴く》

 弁護人「無理な要望があったらどうする」

 村木被告「一番大事なのはできないとはっきり言うこと」

 弁護人「違法でもいいからといわれたことは」

 村木被告「1度だけ。断ったら上司に電話がかかってきたことがあった。もう1回行き、『誰に電話しても私が来る』と言うとあきらめてくれた」

 《最後に弁護人は、取り調べについて尋ねた》

 弁護人「署名を拒否した調書は」

 村木被告「あった。言ったことのない人の悪口を言ったように書かれていたので突き返した」

 弁護人「最終的には署名したか」

 村木被告「した。弁護士に相談したいと言ったが『私の調べは今日まで』といわれ、徹底的に直してサインしようと決めた」

 弁護人「罪の重さについて言われたことは」

 村木被告「『執行猶予がつけばたいした罪ではない』と」

 弁護人「どう思ったか」

 村木被告「腹が立った。検事のものさしと一般市民のものさしは…」

 《涙で言葉を詰まらせる村木被告。ハンカチで涙をぬぐい、声を絞り出す》

 村木被告「私にとっては罪人になるかならないかの問題だし、公務員として30年やってきたことの信用を失うか失わないかの問題です、と泣いて訴えた」

 《法廷は静まりかえった。被告人質問は15日も引き続き行われる》

【関連記事】
「話した記憶ない」 村木被告、偽造指示を否定 郵便不正公判
検察側、「凛の会」元会長の再尋問請求 郵便不正公判第15回公判
郵便不正第14回公判、地検特捜部「適正な取り調べ」を強調
郵便不正公判 障害者団体発起人、偽証明書提出認める
郵便不正公判、検察側やや守勢 まもなくヤマ場の元係長尋問
外国人地方参政権問題に一石

地元記帳台にファンら次々 井上ひさしさん葬儀(産経新聞)
<酒気帯び運転>都立高副校長が交通事故…容疑で書類送検へ(毎日新聞)
プロバイダーの賠償責任を否定 最高裁が初判断(産経新聞)
田辺三菱製薬に再発防止申し入れ 日本薬剤師会(産経新聞)
白タク運転手ら7人逮捕=元仲間を監禁容疑−警視庁(時事通信)
posted by Sophy at 07:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月13日

「なぜ差し戻し」「無罪に光」=弁護団、最高裁決定に表情複雑−名張毒ぶどう酒事件(時事通信)

 「なぜ差し戻しなのか」。名張毒ぶどう酒事件で、最高裁が審理を名古屋高裁に差し戻す決定をしたのを受け、鈴木泉弁護団長は6日午後、名古屋市内で記者会見し、戸惑いの表情で語った。
 奥西勝死刑囚(84)の年齢から考えて、最後と位置付けられる7度目の再審請求。同弁護団長は「この段階で再審開始決定があってしかるべきではないか」と悔しそうな表情を見せた。一方で「再審無罪に向け、光が差し込んだ」とも話し、再審開始決定に望みを託した。
 鈴木弁護団長は同日、愛知県一宮市の事務所で、決定書を受け取った。その瞬間、「再審開始決定だ」と感じたという。しかし、封筒を開けた際、飛び込んできたのは「差し戻し」の文字だった。
 「(奥西死刑囚は)40年以上にわたり身柄を拘束され、死刑の恐怖にさらされている。再審開始決定をして、再審公判で足りない部分を審理しても良かったのでは。むしろそうあってほしかった」と訴えた。
 それでも、最後には「再審開始を勝ち取るべく全力を挙げる」と言葉に力を込めた。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
〔用語解説〕「中国の死刑制度」
〔用語解説〕「海外での日本人死刑問題」
〔用語解説〕「中国の死刑制度」
名張毒ぶどう酒、高裁差し戻し=再審取り消し破棄

ビール瓶で警察署を襲撃 少年3人逮捕、千葉(産経新聞)
<掘り出しニュース>美濃焼「志野」の釉薬、鉱山見つかる(毎日新聞)
地下鉄駅前で覚せい剤密売=容疑で自称イラン人3人逮捕−警視庁(時事通信)
<詐欺容疑>神奈川県元職員2人逮捕 4千万円を私的流用(毎日新聞)
ニコン、タッチシャッター搭載モデルなどコンデジ「COOLPIX」の一部を発売延期
posted by Sophy at 20:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月02日

首相が初のオープン会見、「珍質問」「激辛質問」も続々…(産経新聞)

 26日の鳩山由紀夫首相の記者会見は、初めてフリーランスやインターネットメディアの記者にも開放された。首相は「『私は開きました』と申し上げたい」と胸を張り、今後も記者会見の開放を進めていく考えを表明した。

 だが、質疑自体は必ずしもかみ合わなかった。出席したフリーランス記者の上杉隆氏は「世界中のジャーナリストに代わって御礼申し上げたい。質問はありません」と“珍質問”。「個人の能力を超えたことを平野博文官房長官に要求するのは酷だ。官房長官のチェンジも視野にないか。国民の切なる願いだ」(日本インターネット新聞の竹内尚文氏)という“激辛”質問も飛び出し、平野氏は苦笑いするしかなかった。

【関連記事】
もしかして趣味? 田原総一朗、ネット&BSで逆襲!?
小沢氏事件で、東京地検が「週刊朝日」に異例の抗議文
岡田外相、フリージャーナリストの海外同行も検討
首相会見オープン化
機密費の全面公開、官房長官は消極姿勢
あれから、15年 地下鉄サリン事件

<石巻3人殺傷>元解体工の少年らを家裁へ送致 逆送求める(毎日新聞)
首相、小沢氏らと懇談「国民の目は厳しい」(読売新聞)
小6いじめ自殺で和解=道、市が遺族に謝罪−条項に再発防止策も・札幌地裁(時事通信)
携帯基地局の設置にルール、鎌倉市条例可決(読売新聞)
宝塚音楽学校の小林公平校長が退任へ(産経新聞)
posted by Sophy at 15:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。